【 運命は変えられる 】

占いカウンセリングをしていると、ホロスコープなどを見て、
「この方は生きにくい人生だったのだろうな」と思うことがあります。
その通りに大変な人生だったという人が多いのですが、
それほど大変でなかったと答える人もいます。
もちろん、同じ現象が起きていても、その人の受け止め方が違えば、
答えが違って当然です。


また、「運気の波が激しい」「邪魔が入りやすい運気」などと伝えると
本当に落ち込んでしまわれる方もたまにいらっしゃいます。


宿命と運命の定義は人によって違っているようですが、
私は、親や兄弟、性別、生まれた環境など、
自分で変えられないことが“宿命”であって、
氣や命の運ばれてくる道筋である“運命”は、自分で変えることが
できると思っています。

実際に運を変えた男の話をしましょう。

袁了凡(えん りょうぼん)とは、明の時代に実在した人物で、
豊臣秀吉が朝鮮に攻め込んだ時に、軍の司令官として
日本軍を破った人です。

彼は父を早くに亡くし、母に育てられ、母の意向に従い
医師を目指していました。
しかし、彼は本当は官吏(役人)になりたかったのです。

ある時、孔という易の達人の仙人のような老人に会い、
「あんたは来年官吏の試験に通る人間なのに、なぜ勉強を
していないのだ?」と言われました。

孔老人を家に泊めた了凡は、彼が自分の今までの人生を
事細かに当てたことに驚きます。
そして、自分の一生を占ってもらいました。
「官吏登用の試験に何番目の成績で合格し、いついつこのような
役職につくが、科挙の試験には合格しない。子供にも恵まれない。
53歳の8月14日丑の刻に表座敷において一生を終わる」
などと伝えられたことを書き留めました。

翌年、一念発起して勉強した了凡が官吏の試験に挑戦すると
本当に孔老人が言った通りの成績で合格したのです。

それからの人生がことごとく孔老人の言った通りになるので、
すべては運命に任せるしかないのだと、運命論者となり、
ある意味達観してしまったのでした。

そして、役人として北京に戻り、棲霞(せいか)寺で
雲谷(うんこく)禅師という僧侶と出会うことになります。

座禅をしていた了凡を見ていた雲谷禅師は、邪念の起きない
様子に感心して、何が彼をそうさせているのか尋ねます。

「昔、易の名人である孔老人に一生を占ってもらい、
その通りの人生を送ってきました。
人間には定められた運命というのがあります。
ですから、私は、全てを運命に任せて生きていこうと決意したのです。
そうすると邪念が消えていった感じがします」

了凡の話を聞いた禅師は笑って、
「わしは、お前さんを期待すべきすぐれた人物であると思ったが、
なんとただの凡人であったか。
一生涯の栄辱も死生もみな運命が定まっていると考え、
全く努力しないではないか」
と言いました。

了凡は禅師に質問しました。
「それならば、運命というのは変えることができるものですか?」

禅師は答えました。
「運命は、自分からつくり、幸福は自分から求めるものが訪れる。
六祖大師も、『すべての幸福の生ずる畑は心の中にある』と
言っておる。心の中に従って求めたならば、ただ道徳仁義
を得るだけでなく、功名福貴もまた得られる。
内(本来そなわっている道徳仁義)外(自分以外にある功名福貴)
ともに得られる。
だだ、自分を反省せずに外面(外にある功名福貴)だけを求めるなら、
うまくいかず、内外ともに失ってしまうだろう」

了凡は、自分が徳を積まず、知識だけで人を抑え操ろうとしてきたこと、
人に寛容になれず、怒りにまかせた言葉を吐いてきたこと、
名誉や決まり、節操などだけにこだわり、本当の愛する気持ちを
大切にしてこなかったことに気づくのです。

禅師は続けます。

「お前さんは今や自分の非を悟った。
善徳を積み、人の言葉を聞 き入れる度量を持ち、
つとめて和やかな愛情を持つようにすることだ。
そうすれば、これまでの人生から、新しく生まれ変わることができる。

経本の中で、『天が下す災難は避けることができるが、自分の造った罪に
よる災難は避けることができない』と言われている。

科挙の試験に合格できず、子供も授からないと孔先生が占ったのは、
これは書経で言うところの天のなせる災い(天命の災い)と同 じである。
だから、これは避けることができる。

そしてお前さんが、徳を十分に満たし、善い事を行い、多くの陰徳を
積んでいったならば、それこそ自分が造ったところの福になる。
自分が造った罪による災難を避けることができないのならば、
逆に、自分の造った福による幸福を避けることはできないであろう。

つまり、陰徳を積むことで、幸福が訪れるということだ」

了凡は、この言葉を真理であると感じて、禅師に教えをこいます。
功過格(善悪の基準書)をもらい、善事三千行(善いことを行い、
陰徳を積む三千の条項)を行い、瞑想をし、真言を唱えることを
続けるようになったのです。

この時に、運命のままに生きることをやめて、平凡であることを
了(おえる)という誓いもこめて、名を了凡と改めました。

その後、孔老人の予言ははずれ、合格できないと言われた科挙の
試験に合格し、男の子にも恵まれ、より高い地位に上り、
53歳で死ぬと言われたのに、82歳まで充実した人生を送った
のでした。

了凡は自分が実践した記録を、一人息子の天敬に書き残しました。
それが「陰隲録(いんしつろく)」という本として、今に伝わっています。

●運気が悪いと落ち込むことはない

●運を変えた男・袁了凡の陰隲録

ホロスコープなどで、大変な星を持っている方でも、
その人の心の持ち方や、行動によって、結果が大きく違ってきます。
運命・・・それは、かなりの部分で、あなた自身が変えることが
できるのです。

運気には、海流や偏西風などの大きな流れに似たものが
存在するのは事実です。
個人の持っている潮の流れ、波に流されやすいかどうか、
そうした違いもあります。

船を操縦する時の潮の読み方のうまい下手、元々の船の性能、
船長の気質などによって、船の進み方は違いますね。
船の性能をバージョンアップしたり、船長の器量や技術を向上させる、
あるいは良い乗組員がいることによって、
船の進み方は異なってきます。
もちろん目に見えない海神様のご加護もあるかもしれません。

あなたは、与えられた船が運命だと思って、ただ諦めますか?
それとも・・・?



●運命は変えられる